公正競争規約とは 中古車の表示のルール プライスカード

プライスカードとは
プライスカードは、店頭展示(またはWebに掲載)されているバイクについての価格等に関する情報が表示されている用紙などのことで、適正な表示が行われている場合、次の事項がカードに表示されています。

中古車のプライスカードの主な表示内容

  1. 車名及び主な仕様区分
  2. 年式(原付を除く)
  3. 製造国名(国産車を除く)
  4. 販売価格
  5. 走行距離数
  6. 自動車検査証の有効期限(軽二輪及び原付は自賠責の有効期限)
  7. 保証の有無
    (保証付きの場合は、保証期間又は保証走行距離数並びに保証書の交付がある旨を付記)
  8. 定期点検整備実施の有無(原付を除く)
  9. メインフレームの修正及び交換歴の有無
  10. 車両の品質(品質評価書により表示)
中古車プライスカード(現金販売価格の表示例)

販売価格の表示

表示内容の「販売価格」で使用される価格の名称は「現金販売価格」又は「現金支払総額」が使われています。
どちらを使用するかは店舗(販売者)により異なりますが、プライスカードに「現金販売価格」や「現金支払総額」という名称を表示することで、消費者の方にどちらの販売価格で表示しているか通知しています。
各名称の違いと表示は下記のとおりです。また、表示例をクリックすると解説をご覧いただけます。

現金販売価格の場合

プライスカードが「現金販売価格」の場合、価格の説明が表示されています。保険料、税金(消費税を除く)、諸費用は価格には含まれていません。
店頭展示車「現金販売価格」のプライスカード表示例

現金支払総額の場合

プライスカードが「現金支払総額」の場合、その内訳が表示されています。内訳とは、現金販売価格、保険料、税金(消費税を除く)、諸費用などを指します。
店頭展示車「現金支払総額」のプライスカード表示例