自動車公正取引協議会

自動車公正取引協議会のご紹介

日本は世界有数の自動車保有国であり、自動車は私たちの毎日の生活に欠かせないパートナーとなっています。
一般社団法人自動車公正取引協議会は、その大切なパートナーであるクルマとバイク選びの際に必要な価格や品質等の適正な情報の提供と、不当な表示等を禁止することを通じ、消費者に信頼されるクルマ販売を推進しています。

自動車公正取引協議会は
信頼されるクルマ・バイク販売を
推進しています

自動車公取協(一般社団法人自動車公正取引協議会:Automobile Fair Trade Council)は、公正取引委員会から認定されたルールである「自動車公正競争規約」を運用する機関として、昭和46年(1971年)12月に設立された公益法人です。

自動車メーカーや国産・輸入車の新車・中古車・二輪車販売店が会員となっています。
自動車公取協は、公正競争規約の運用を通じ、消費者と販売店を結ぶ「信頼されるクルマ販売」を推進するための活動を行っています。

自動車公正取引協議会の概要

名称
一般社団法人 自動車公正取引協議会

所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町1-11-30
TEL 03-5511-2111(代表)
  03-5511-2113(二輪車関連グループ)

設立年月日
1971年12月21日(1980年6月6日一般社団法人認可)

主務官庁
内閣府(消費者庁・公正取引委員会)

目的
(1)公正競争規約を円滑かつ効果的に運用し、公正な取引の促進を図る
(2)もって自動車業界の健全な発展と国民生活の安定に寄与する

主な業務
(1)公正競争規約の普及・指導
(2)一般消費者に対するPR活動
(3)一般消費者からの相談・苦情処理
(4)規約違反に対する調査及び是正措置
(5)公正取引に関する調査・研究

会員構成
(1)普通会員(団体会員)=8団体
(2)維持会員(個別会員)=約20,000社
(3)賛助会員=5団体    賛助会員(中古車情報誌)=10社(順不同)
   賛助会員(広告関係事業者)=2社

© Automobile Fair Trade Council