商談にあたって

新車購入までのSTEP2 -商談-
まずはお店でクルマのプロから話を聞きましょう
カタログやインターネットで情報を収集し、ようやく理想のクルマを見つけた太郎さん。まずは販売店に出向き、相談してみることにしました。その日は、担当者にクルマの特徴などのアドバイスを聞いた後、見積書をもらって帰宅。これからもう一度、家でよく考えるつもりです。

まず担当者と話し合い、見積で十分検討を

さあ!商談

でもすぐにハンコを押すわけではありません。

まずは担当者に目的、用途等を話してみましょう。
プロの目から見ると、更にいい車が見つかるかもしれません。希望の車種、グレードが決まったら、見積りを出してもらいましょう。複数の車種やグレードを考えている場合は、それぞれの見積りを出してもらいましょう。この時、税金や保険、諸費用等も見積りに入れておいてもらえば、「契約後に意外な出費が!」なんてこともなくなります。
さあ、あなたが買おうとしている車が大体いくらくらいなのか、確認するため見積をとりましょう。

落ち着いて見積書の内容の確認

見積りをもらったら次は契約…ではありません!

見積りを家に持ち帰り、一息ついてからもう1度見直しましょう。
ホントはいらない付属品をお願いしたりしていませんか?付属品の金額は間違っていませんか?できれば家族や友人にも見積りを見てもらい、相談に乗ってもらいましょう。また、付帯費用の金額は間違っていませんか?付帯費用に関してはここでシッカリ確認しましょう。販売価格に間違いはありませんか?ホントに必要な付属品は決まりましたか?

さあ、準備は整いました。次はいよいよ契約です!
用語集付帯費用
次へ